プロサッカー選手になるのは偶然なのか必然なのか・・・・

今回のテーマは皆さんが最も興味ある部分であろう部分について書いていきたいと思います。

その前に、イングランドの下部リーグの施設のご紹介を軽くしておきます。

こちらの写真が、私が主にいたフィジオルームになります。

ボタンで上下動する電動マッサージベッドが2台と有酸素トレーニングができるマシンが2台ほどあり、さらにバランス等のリハビリができるBOSUやチューブなどもあり、あとたしか超音波的な器具もたしかあった気がします。

ですので、ある程度のリハビリや治療、試合中での怪我の対応なども、この部屋で全てできてしまう環境でした。

リハビリの後期やボールを使ったトレーニングをしたければすぐ横にあるピッチで行う感じでした。

日本ではJリーグのクラブですら自前の練習場を持っていないこともあるので、それを考えればイギリスのクラブの設備面には驚かされることばかりでした。

こちらがピッチになります。

常に、グランドキーパーの人たちが手入れをしてくれているので、非常にきれいで初めて見た時は感動すら覚えました。

ですが、イギリスは雨も多く、冬場は冷え込みも厳しく芝が凍ったりしてしまうので、その管理は日本よりも大変だと思います。特に12月から1月は試合数も多くピッチが荒れてしまうことも多々あります、、、

ですので、プレミアリーグのクラブのあの綺麗なピッチを管理するのには莫大なお金がかかっているのです、、、

年間数億円以上は軽くかかっていると聞きました。恐ろしい世界ですね、、、(笑)

こちらがホームのロッカールーム

シャワーとトイレしか無い質素な作りになります。ここに、選手、スタッフ20名近くが入るのでなかなかの狭さになります、、、(笑)

まあ、私が試合の日にこのロッカーに入るのはハーフタイム前の水などの飲み物の準備くらいでしたが。

試合前などは選手のマッサージやテーピング、w-upの手伝いなどでかなりバタバタしますので。

 

 

さて、ここからが本題です。

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZとアルファベットは26文字あります。

これを順に数字に当てはめていきます。

例えば、A=1、J=10  etc,,,という感じに対応させます。

そして、それをサッカーに必要と思われる3つの言葉に当てはめていくことにします。

 

まず1つ目が、「Knowledge」 (知識、認識 etc…)

K・N・O・W・L・E・D・G・E に数字を当てはめると、

11・14・15・23・12・5・4・7・5を全て足して合計すると 96 になります。

続いて、二つ目がどの国でもよく言われる単語で皆さんも良く使うと思われる

「HARD WORK」 (ハードワーク、勤勉etc…)
ちなみにイングランドではよく監督がロッカールームにて「Guys,F○○○○〇 Hard work!!」と言って選手を叱咤激励していました(笑)

H・A・R・D・W・O・R・K に数字を当てはめると、

8・1・18・4・23・15・18・11を全て足して合計すると 98 になります。

そして最後が、「ATTITUDE」 (態度、心構え)

ATTITUDE に数字を当てはめると、

1・20・20・9・20・21・4・5 をすべて足して合計すると、

なんと 100 ぴったりになります!!

皆さんも計算機でお試しあれ、、、(笑)

上の世界を目指して必死に結果を出そうとしている若い選手、若いときには名門クラブのアカデミーに所属していた選手、ずっとプロの世界に身を置いて活躍していた30半ば~後半のベテラン選手など、イングランドでは、下部リーグですら本当にたくさんの才能のある選手なども目にしてきました。

ですが、上のリーグに移籍していった選手、長い間プレーを続けられている選手には共通する部分は、やはり「ATTITUDE」の部分が他の選手とは違ってたように感じます。

彼らは、練習や試合に対して常に100%で望むにはどういった準備が必要なのか、日常をどのように過ごすのかといった考えは非常に参考になりました。

また怪我をした際には、英語もろくに喋れなかった私にも少しでも良くなるように治療やアドバイスを求めてくれ、拙い英語を理解し実践してくれていました。

やはり、そんな選手にはトレーナーとしてできる最大限のことをしてあげたい気持ちになります。

最近、ツイッター等でアドバイス等を求められることも増えましたが、

正直な話、気軽な感じで聞いてくるかたも多く本気度が伝わってこないことも多いです。

もし、本気でうまくなりたい、プロで活躍したいと思っているかたは、文面からその熱意が伝わってくるように感じています。

サッカーは1日でいきなりすごく上達することはありません。普段の練習や生活の週間を1つ1つ意識して積み重ねて行った結果が現れるものだと感じています。

ちょっと、お硬い内容のお話になってしまいましたが、少しでも上のレベルを目指すのであればもう一度この部分をきちんと見つめ直すことで大きく飛躍できる可能性があるのではないかと思って書きました。

こういった海外の事情やトレーニング指導にご興味あるかたはLINE@https://line.me/R/ti/p/%40uil3802yよりお問い合わせください!
直接お会いしての相談またはオンラインのテレビ電話なども使った相談や指導なども承っておりますので、登録してもらいご相談いただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です