パフォーマンスを向上させるのに重要となる「目の働き」とは?

 

最近、なかなかパフォーマンスがうまくいかない、なにか良くなるきっかけを探している方に読んでいただき、何か少しでもヒントになってもらえたらと思います。

 

スポーツをするうえで「」という器官は非常に重要な役割を担っています。
私達は外部からの情報の大部分(約8割)を「視覚」から得ることによって行動していると言われています。

「眼が本来持っている力」というのは、主に3つです。

  ①自由自在に目を動かす  ②目で見た情報を正しく脳で処理する  情報に合わせて体の動きを調節したりする

つまり高いパフォーマンスを行うには、目と脳と身体の密接な連携が必須です。
→目で見た情報を脳が一瞬で判断して、そこに自らの身体をパッと動かす、運ぶのがスポーツにおいての一連の流れになります。

例えば、野球のゴロの捕球の際に目標に向かって手の動きを導くのは、目からの情報を得てからであり、その逆の順序となることはまずありません。
つまり、目からの視覚情報が正確でかつ、身体の協調性(手の動かし方)が高ければ高いほど、捕球できる可能性は高まるということです。

 

 

 

スポーツにおいて最初に見るべき状況に目を向けられるかどうかでプレーの質が大きく変わります。

ですが、サッカーやバスケットなどの「状況を認知する力」が重要となるスポーツにおいては視覚能力を高めることはより重要となります。

サッカーの世界でトップで活躍する選手たちは、この目を向けるべき状況(スペースの認識、相手の認識など、、、)
をいち早く正確に、かつ広く視野にいれることができるので、”適切な位置”に身体を運ぶことができるのです。
そのため、華麗なボールコントロールで相手をかわす、落下地点をきちんと予測してのボレーシュートなどのプレーをすることができるのです。

ですので皆さんの中で普段のアジリティなどのトレーニングなどでは抜群の動きができているのに、実際の試合などのパフォーマンスとうまくリンクしない場合は、「目の焦点と動き」が合致して的確にプレーできていない可能性もあります。

 

そもそも、目の周りには筋肉があり、その筋肉が目を動かしています。

ソース画像を表示           参照元(https://ameblo.jp/unico878787/entry-11840960516.html

ですが、最近大学生などを指導していて感じるのが、
呼吸に関する横隔膜、そして今回のテーマである「目」の動きにもどちらも「筋肉」が大きく関与しているという事実を知らない、知っていてもほとんど意識していない人が多いということです。

そのため、先日投稿したTwitterのこちらの内容もわりと反響があったのも納得がいきました。

 

筋肉が関与しているということは、どういうことなのか?

→それらを動かすのに筋肉が関与しているということは、簡単に言えば、鍛えることでその能力を高めることが可能だということ!!

サッカー、野球などスポーツ全般でトレーニングを積んでいるのは、その種目の動作に必要な筋肉を鍛えているといことは皆さんにもご理解いただけると思います。

ですが、横隔膜や目の動きを司る筋肉などは普段は全くの無意識の状態で動かされています。
ですが、それらは随意筋肉ですので、意識を当ててトレーニングを積むことは可能になります。

 

目(ビジョントレーニング)のトレーニングを行うメリットとは?

1)視覚能力が高まると判断と動き出しが早く正確になる。
目がどう反応するかで、手足の動き(身体の動き)が左右されるといっても過言でもありません。
上記でもトップ選手に共通する項目で述べましたが、周囲の正確な情報、状況を得ることは「次の動作」の判断・実行とも大きく関連します。
つまり、目は動作の舵取り役を担っているのです。

2)ケガをしていてもできる
→サッカーなどで足を捻挫または膝をケガしている、腰痛があったとしても、目のトレーニングであれば身体を動かす必要もないので患部の保護なども考える必要もなく、いつでもすることができます。
そして10分くらいのトレーニングを日々継続するだけでも大きな恩恵を受けることが可能になります。
ケガをしているときには、このような分野に目を向けてみることは非常に大事なことだと私は思います。

その結果、休んでいてもプレーがうまくなるということが

3)時間、場所もとらず、どこででもできる
ビジョントレーニングの中には自分の指を使った方法などもありますので、特に特別な道具、スペースも必要ありません。
なにせ、寝転がりながらでも目は動かせますからね!
トレーニング時間に関して10分ほどであるならば、ちょっとした空き時間に目を意識して動かしてみることでも十分な刺激・トレーニングにもなります。

4)育成年代でこそ取り入れるべき
→目にはいくつもの神経が通っていて、脳とも密接な関係があります。
そのため、「スキャモンの発育発達曲線」にもあるように、脳や神経系の発育が最も盛んな小学生のときにこそきちんとトレーニングを積んでおくことでその能力を最大限に伸ばすことが可能になります。
ですが、それ以降では伸びしろがないのかいうとそうではありません。先ほども述べましたが、筋肉ですのできちんと使ってあげれば必ずうまく機能するようになります。

 

身体を動かすのがうまい人は、目を動かすのもうまい人だと言えると思います!

 

そして、目の周りの筋肉を使って刺激を入れてあげることで、無意識の際にも目の動きが高まり、今まで見えなかった周辺視野が見えるようになったり、相手がどのように来ているかを冷静に判断して対処することも可能になるはずです。

つまり、スポーツ選手は、目の動きも身体の動きと同様に鍛える必要があるということ。

 

皆さん、一度は取り入れてみてはいかがでしょうか?

「ビジョントレーニング入門のおすすめ書籍」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です